3.05.2018

2018 3.5「渋谷のラジオ」プレイリスト

全10曲、少しずつ慣れてきて、楽しくなってきました。

おかげさまで、次回から毎週水曜日16:15〜16:50と放送枠が増えます。
ゲストを招いたり、楽しくやっていきたいと思っています。
引き続きよろしくお願いします。

ひとまず4/4(水)にまた聴いてくださいね。

オープニング・テーマ
Brigitte Fontaine “Comme à la Radio”『Comme à la Radio』(1971)

1. The James Hunter Six “I Got Eyes”『Whatever It Takes』(2018)

2. Caleb Caudle “N.Y.C. In the Rain”『Crushed Coins』(2018)

3. Darlingside “Hold Your Head Up High”『Extralife』(2018)

4. Cécile McLorin Salvant “The Worm”『Dreams and Daggers』(2017)

5. Cécile McLorin Salvant “Nothing Like You”『Dreams and Daggers』(2017)

6. Kenny Garrett “Calypso Chant”『Do Your Dance!』(2016)

7. Baloji “Soleil de Volt”『137 Avenue Kaniama』(2018)

8. Bobo Stenson Trio “Canción Contra la Indecisión”『Contra la Indecisión』(2018)

9. Jonny Greenwood “Phantom Thread Ⅱ”『Phantom Thread [Original Motion Picture Soundtrack]』(2018)
アカデミー賞 作曲賞ノミネート

10. John Surman “Byndweed”『Invisible Threads』(2018)

3.01.2018

2018 2.5「music bar 45」DJプレイリスト

今回もまたまとめあげるのに一ヶ月近くかかってしまいました。呼応しているのか流れを断ち切っているのか、自由自在な展開になりました。
次回は3/5(月)20:0023:00です。よろしくどうぞ!



※ミュージシャン名 "曲名"『アルバムタイトル』(発表年)
の順で表記しています。
M=小山雅徳さん、Y=熊谷悠一

Y. Omar Sosa Ternura”『Mulatos』(2004) 

Y. Fatoumata Diawara & Roberto Fonseca Yemaya”『At Home: Live in Marciac』(2015) 

M. Joe Bataan Subway Joe FM Fuji用メッセージ入り音源

Y. Fania All Stars Noche”『”Live at the Red Garter Vol.2』(1974)

M. Koji Moriyama with the Tsuyoshi Yamamoto Trio Night and Day”『Night and Day』(1976) 

Y. Andy Bey Tune Up”『Experience and Judgment』(1974)

M. Niagara Fallin' Stars “禁煙音頭”『LET'S ONDO AGAIN』(1978) 

Y. David McNeil Honolulu Lulu (1975)『サラヴァ世界地図 ~ピエール・バルーとの旅 Vol.1 旅人たちの歌 Universe de Saravah Un voyage avec Pierre Barouh -1

M. Rico Rodriguez Wonderful World”『Wonderful World』(1995) 

Y. Oki Dub Ainu Band Suma Mukar”『Utarhythm』(2016)

M. Joe Yamanaka Banana Boat”『Reggae Vibration III (We Are Fighters)』(1984) 

Y. Orchestra Baobab Natalia"Tribute to Ndiouga Dieng』(2017)

M. Olu Dara Massamba”『Neighborhoods』(2001) 

Y. Etta James All the Way Down”『Etta James』(1973)

M. The James Hunter Six The Gypsy”『Minute By Minute』(2013) 

Y. Clarence Carter The Road of Love”『The Dynamic Clarence Carter』(1969)

M. Dr. Feelgood Keep It Out of Sight”『Down By The Jetty』(1975) 

Y. June Tabor and the Oyster Band "Valentines Day Is Over"Freedom and Rain』(1990)

M. Courtney Barnett, Kurt Vile Over Everything”『Lotta Sea Lice』(2017) 

Y. The Fall Cruiser's Creek (single version 1985)『This Nation's Saving Grace [Expanded Edition]』

M. The Rainbows Balla Balla”『The Rainbows』(1965) 

Y. Elmore James Shake Your Moneymaker (1961)『Bobbys Record Shop

M. The Smoke I Wanna Make It With You”『...It's Smoke Time』(1967) 

Y. Zachary Richard Ma Louisianne”『Zacks Bon Ton』(1990) 

M. ムッシュかまやつ “デンマーク・ストリート”『ゴロワーズ』(1994) 

Y. DeJohnettte, Grenadier, Medeski, Scofield Up on Cripple Creek”『Hudson』(2017)

M. Ian McLagan & the Bump Band Never Say Never”『Never Say Never』(2008) 

Y. Tom Petty Wildflowers”『Wildflowers』(1994)

M. Tok Tok Tok Walk on the Wild Side”『I Wish』(2005)

Y. Father John Misty Total Entertainment Forever”『Pure Comedy』(2017)

M. Gregg Allman Going Going Gone”『Southern Blood』(2017)

Y. Trio (Dolly Parton, Emmylou Harris, Linda Ronstadt) You Dont Knock (Unreleased 1986)『The Complete Trio Collection

M. Irma Thomas I Count the Tears”『After the Rain』(2006)

Y. Aretha Franklin I Never Loved a Man (the Way I Love You)” (1967)『Arethas Greatest Hits

M. Tok Tok Tok Alone Again”『I Wish』(2005)
リクエスト

Y. Lalah Hathaway This Is Your Life”『Lalah Hathaway Live』(2015) 

M. Profyle Whats Going On”『Marvin is 60: A Tribute Album』(1999)

Y. Wilson Pickett I Found a Love, Pt. 1”『The Sound of Wilson Pickett』(1967)

M. Rahsaan Roland Kirk Goodbye Porkpie Hat”『The Return of the 5000 Lb. Man』(1976)

Y. King Curtis Soul Serenade”『Live at the Fillmore West』(1971)

M. Prince Fatty And the Beat Goes On”『Versus the Drunken Gambler』(2012)

Y. Rose Cousins Freedom”『Natural Conclusion』(2017)

M. ムッシュかまやつ “ソー・ロング 20世紀”『Je M'appelle Monsieur』(2002)


Y. Ride Vapour Trail”『Nowhere』(1990)


1.04.2018

2017 12.4「music bar 45」DJプレイリスト


時期を逸し、なんと丸一ヶ月経ってしまいました…。今からでも記録を残しておきます。
この回は楽しいお客さんたちのおかげで、こちらも気持ち良くかけることができました。
関わってくれた方々、見えないところで支えてくれた人たちに感謝します。

メモが追いつかず不明箇所もありますが、ご了承ください。

※ミュージシャン名 "曲名"『アルバムタイトル』(発表年)
の順で表記しています。
M=小山雅徳さん、Y=熊谷悠一

Y. Freda Payne "Band of Gold"『Band of Gold』(1970)

Y. Becca Stevens Band "Tillery"『Perfect Animal』(2014)

M. Ryley Walker “The Great and Undecided”『Golden Sings That Have Been Sung』(2016)

Y. Tom Jans “The Eyes of an Only Child"『The Eyes of an Only Child』(1975)

M. Leon Russell "That Lucky Old Sun"『Life Journey』(2014)

Y. Willie Nelson “Old Timer”『God’s Problem Child』(2017)

M. Preservation Hall Jazz Band & The Del McCoury Band “A Good Gal”『American Legacies』(2011)

Y. Leon Redbone “My Walking Stick"『On the Track』(1975)

M. Frank Zappa, Captain Beefheart, The Mothers of Invention "Poofter's Froth Wyoming Plans Ahead 〜 200 Years Old"『Bongo Fury』(1975)

Y. The Remains “Don’t Look Back" (1966)『Nuggets: Original Artyfacts From The First Psychedelic Era, 1965-1968』

M. Mick Farren “Trouble Coming Every Day”『Vampires Stole My Lunch Money』(1978)

Y. Wilco “Random Name Generator”『Star Wars』(2015)

M. The Brian Setzer Orchestra "Winter Wonderland"『Boogie Woogie Christmas』(2002)

Y. Pixies "Winterlong" (1990)『Best of Pixies: Wave of Mutilation』

M. Mick Farren “Half Price Drinks”『Vampires Stole My Lunch Money』(1978)

Y. Angel Olsen “Never Be Mine”『My Woman』(2016) 

M. Gal Costa “”『Gal Costa』(1969)

Y. Jorge Ben "Quem Cochicha O Rabo Espicha"『Ben』(1972)

M. Kings Go Forth "Paradise Lost"『The Outsiders Are Back』(2010)

Y. Conor Oberst “Gossamer Thin”『Salutations』(2017)

M. Booker T. Jones “Down in Memphis”『The Road from Memphis』(2011)

Y. The Meters "Liver Splash" (1971)『Second Line Funk』

M. かまやつひろし “ゴロワーズを吸ったことがあるかい” (live)

Y. Chuck Rainey “The Lone Stranger"『The Chuck Rainey Coalition』(1972)

M. ?

Y. Charles Lloyd & the Marvels “Of Course, Of Course”『I Long to See You』(2016)

M. The Pentangle "Hear My Call"『The Pentangle』(1968)

Y. Rhiannon Giddens "The Love We Almost Had"『Freedom Highway』(2017)

M. Nickel Creek "Rest of My Life"『A Dotted Line』(2014)

Y. Chris Thile & Brad Mehldau “Don’t Think Twice, It’s All Right”『Chris Thile & Brad Mehldau』(2017)

M. かまやつひろし “パン屋のトム” (live)


そしてここからは熊谷の一人旅。

Yamasuki “Aisere I Love You"『Le Monde Fabuleux des Yamasuki』(1972)

The O’Jays “When the World’s At Peace"『Back Stabbers』(1972)

James Brown "Cold Sweat Part 1&2"『Cold Sweat』(1967)

Otis Clay “Trying to Live My Life Without You"『Trying to Live My Life Without You』(1972)

Curtis Mayfield "Blue Monday People"『There’s No Place Like America Today』(1975)

Corinne Bailey Rae “Been to the Moon”『The Heart Speaks in Whispers』(2016)

Ala.Ni "To the River"『You & I』(2016)

Madeleine Peyroux "More Time"『Secular Hymns』(2016)

Aimee Mann “Rollercoasters”『Mental Illness』(2017)

Eric Andersen “Blue River"『Blue River』(1972)

Bob Dylan “Skylark”『Fallen Angels』(2016)

フィッシュマンズ “ナイトクルージング"『空中キャンプ』(1996)

Tigran Hamasyan "Song For Melan and Rafik"『Mockroot』(2015)

Dorothy Ashby "Wax and Wane"『The Rubaiyat of Dorothy Ashby』(1970)

Yishak Banjaw "Libey Ma'aduley"『Love Songs Vol.2』(2004)

Grateful Dead "Ramble on Rose" (live at Zenith, Paris, France 10/27/90)『30 Trips Around the Sun: The Definitive Live Story 1965-1995』

帰り支度をしながら、
George Harrison “What Is Life”
Bill Withers “Lean on Me”
でお別れ。

1月は祝日と重なるため一旦お休みして、次回は2/5(月)です。また近くなったらお知らせします。
今年も続けられるよう、楽しい時間を提供していきたいと思っています。引き続きよろしくお願いします。




12.11.2017

12.1「local Ping Pong DJ」プレイリスト


やっと曲目をまとめ終えました。

中目黒ガンボキッチン周さんで、守島さんと音楽をかけるイヴェントを行いました。お互いの選曲に反応して、即興で交互にかけていく「ピンポンDJ」というスタイルです。

特にテーマも設けず、事前打ち合わせも一切なし。どうなるか我々自身も楽しみでしたが、結果として以下のようになりました。
途中やや悪ノリした部分も含め、僕はとても楽しかったですが、聴く側の皆さんもそうだったことを祈ります


守島尚彦さん=M、熊谷悠一=K

「ピンポンDJ」の創始者Charlie Gillettさんがかけていた、という曲から開始。
M. Arrow "Hot, Hot, Hot"Soca Savage』(1983)

寒い日だったので、曲名を逆にしてみました。
K. Little Feat "Cold, Cold, Cold"Sailin Shoes』(1972)

このままニュー・オーリンズに行くかと思いきや、曲名で?
M. Rare Earth "Hey, Big Brother"In Concert』(1971)

Motownレーベルということで、単純にそこから好きなグループを。
K. Smokey Robinson & the Miracles "More Love" (1967)『Gold

後のThe MiraclesヴォーカルのBobby Griffinが作った曲を、この人たちのカヴァーで。
M. Wham! "Love Machine"Fantastic』(1983)

やや不意を突かれたので、1980年代のR&Bという大雑把な括りで対応。
K. Sade "Your Love Is King"Diamond Life』(1984)

名前の発音つながりで、突然アフリカはナイジェリアへ飛ぶ。
M. King Sunny Ade "The Way Forward" (1970s?)

キラキラしたギターと、バスドラムのリズムが似ていると思い、ジンバブウェの大ベテランへ。
K. Oliver Tuku Mtukudzi and the Black Spirits "Chiringa"Sarawoga』(2013)

曲名でアフリカつながり。
M. Van McCoy "African Symphony"The Real McCoy』(1976)

映画音楽のようでもあり、Earth, Wind & Fireに曲調が似ていたのでかけようとするも、フィリー・ソウルに影響を受けた音ということで、たまたま最近聴いていたこのアルバムから。
K. The OJays Back Stabbers"『Back Stabbers』(1972)

リード歌手Eddie Levertの息子、Gerald Levertのグループ。
M. LeVert "Casanova"The Big Throwdown』(1987)

いかにも1980年代のドラムの音がしたので、そこから思いついたものを。
K. Prince and the Revolution "Life Can Be So Nice"Parade』(1986)

~休憩~


2

後半は順番を交代して。War The World Is a Ghetto インストゥルメンタル・ヴァージョンがかかっていたので、何となく思いついた曲を、今回はこの人の演奏で。
K. Charles Lloyd "Whats Going On"Lift Every Voice』(2002)

守島さんには軽い演奏に聴こえたようで、「困ったときはクリスマス・ソング」という唯一の事前取り決めをここで適用し、急にパンクな展開に。
M. Basement 5 "Last White Christmas" (1980)

ここで引き下がるわけにはいかないと、かつてよく聴いていたハードコア・バンドを召喚。
K. Fugazi "Bed for the Scraping"Red Medicine』(1995)

ここからニューウェイヴ寄りに。『Led Zeppelin 』”When the Levee Breaks”に似たドラム・パターン。
M. New Age Steppers "Private Armies"The New Age Steppers』(1980)

多くの関係者の中にMark Stewartもいて、個人的に大きな影響を受けたアルバムを、20年振りぐらいに聴き返す。
K. The Pop Group "Savage Sea"y』(1979)

脱線が過ぎたようで、聴衆が置き去りにされているのが見て取れたので、ここから元に戻す。ピアノが印象に残る曲を受けて、こちらを。来年は戌年ですが、なぜ猫はないのか?ということで
M. Al Stewart "Year of the Cat"Year of the Cat』(1976)

バンド全体の音が似ていると感じ、満を持してこの人を。実は最もライヴが観たい人でもある。
K. Bruce Springsteen "Prove It All Night"Darkness on the Edge of Town』(1978)

サックスでClarence Clemonsが参加しているという共通点から。
M. Aretha Franklin "Freeway of Love"Who's Zoomin' Who?』(1985)

どことなく曲名が類似しているので、この人たちのライヴ録音で。
Y. The Staple Singers "Freedom Highway"Freedom Highway』(1965)

曲名から連想して”Highway Star”という声もかかり、僕も追悼で”Highway to Hell”もあるなと思うが、最後はこちらで。昨年のLive Magic!で来日、バンドの2人はここ「周」さんにも打ち上げで来店されたとか。
M. Sonny Landreth "Key to the Highway"Bound by the Blues』(2015)



22曲。最後になりますが、来てくれた方々、見えないところで支えてくれた人たち、改めてありがとうございました。そして、お店を切り盛りしつつ皆んなが寛げる場を提供してくれた門さん、企画し招いたくれた主催の矢島さん、守島さんにも感謝します。声がかかればまたいつでも行きますよ。